【ルアーマンにこそやってほしい!】落とし込み釣りのすゝめ!

こんにちは!suu です!

先日、動画の撮影中にとある発見がありました!その時はルアーでマゴチを狙っていたのですが、ふと足元を見るとドでかいクロダイが悠々と泳いでいました!

びっくりして周りを見渡すと、あっちにもこっちにもクロダイを発見!これは相当な数のクロダイがいると確信したのでさっそく狙いに行ってきました!!

そして釣れたのがこのクロダイ!

{7CD2A987-6718-4A92-954A-22B524F49F46}

このクロダイは【落とし込み釣り】で釣り上げました!

 

私の落とし込み釣りの方法は一般的な落とし込み釣りとは少々違いがあります!!

 

ルアーロッドにスピニングリールでの落とし込み!

 

{6866FE53-E6AF-41ED-A9CE-E20D697CC88B}

 

落とし込み釣りというと、専用の竿に専用のタイコリールが一般的です。

一方、私はルアーロッドにスピニングリールでやる落とし込み釣りを提案していきたいと思います!

 

ルアーロッドとスピニングリールを用いた落とし込み釣法の利点とは・・・

 

●落とし込み釣りがルアー釣りの感覚にとても近い!

【投げる】という動作がとてもし易い!

 

落とし込み釣りは、針とオモリだけのシンプルな仕掛けに餌を付けて自然に落としていく釣法です。

 

{3C76C8C6-BE19-4AA6-9325-1AFA1AAB969C}

 

 

動作は単純ですが、非常に奥が深くゲーム性がとても高い釣りです!

一箇所で待っているサビキ釣りのような釣りではなく、歩きながら仕掛けを投入してクロダイを探します!

歩きながら魚を探す落とし込み釣りは、ルアー釣りとそっくりですよね!

 

{CFAAF993-6FE3-45C6-9C54-374A3E60C3A5}

 

ルアー釣りが得意な方にこそおすすめの釣り

 

糸を緩め気味に落として行くので、アタリは糸に小さく出ることがほとんど。

落としている際のアタリを取るのは、ルアーのフォール中のアタリを取るのと全く同じ感覚です!

落とし込み釣りは、ルアー釣りとやってることがほぼ一緒なのです!

また、一般的な落とし込み釣りは、釣りをする場所で竿が変わります。

足元ならヘチ竿、遠くなら前打ち竿、のように竿を使い分けます。

タイコリールは構造上、投げることがとても難しいリールなので、竿を使い分ける必要があります。

一方、ルアーロッドとスピニングリールなら【投げる】ことが出来るので使い分ける必要がありません!

実際に私は動画で足元に落としたり、遠くに投げたりしてクロダイを仕留めています!

 

{D8CAD6BE-EFDC-4EA5-888C-97640E78B1CF}

 

落とし込み専用タックルのメリット

 

折角、落とし込み釣りのお話をさせていただいたので、専用竿と専用リールを使うメリットも併せてご紹介します!

専用竿は、感度がとても良く、クロダイの強烈な引きを受け止めるだけの強さ持ちながら、穂先はとても繊細です!

専用のタイコリールは糸を巻いてあるスプール自体が回転し、糸を出したり巻き取ったりします。

その操作を、竿を持っている手の親指だけで出来るので、スピニングリールと比べて動作がスムーズです!

さらに、親指で直接スプールを触るので、繊細な糸の出し入れをすることが出来ます!

ルアーロッドでチャレンジして、落とし込み釣りにハマったら専用の道具を揃えてみるのも面白いです!

 

 

落とし込みの仕掛け

 

基本的な仕掛けはこのようになっています!

メインライン(道糸)  ナイロン2号

 

リーダー(ハリス)  フロロカーボン1.5~2.0号  道糸に直結

 

落とし込み用チヌばり

 

ガン玉  2B(B~3Bがあると良い

 

 

エサ  岩ガニ、イ貝、フジツボ、アオイソメ(夜)、フナムシ

{0A65A837-D428-4AB7-874C-0A3C2023F3B3}

 

落とし込み釣りは、簡単でシンプルな仕掛けで手軽に大物が狙える釣りです!

皆さんも是非、落とし込み釣りにチャレンジしてみて下さい!

 

実際に釣りをした映像があるので、そちらも併せてご覧ください。

 

最後までお付き合いありがとうございました!

suu でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください