【怪魚コロソマ】まるでピラニアのような魚が国内で釣れる?浜名湖フィッシングリゾートのコロソマ釣りがおもしろ過ぎる

こんにちは!六畳一間の狼のSUUです!

皆さんは釣り堀といったらどんな場所を思い浮かべますか?

コイやフナといった定番の魚やニジマスが釣れる釣り堀もあります。

実は静岡県には世界の怪魚が釣れる釣り堀があるようなので、早速釣りに行ってみました!

浜名湖フィッシングリゾート

静岡県の西部にある汽水湖の浜名湖のほとりにあるのが「浜名湖フィッシングリゾート」。

多数の池が設置され様々な魚を狙うことができる釣り堀です。

受付の建物の中はこのような感じ。

ズラッと並んだ釣り竿にたくさんの釣具、そして一見怖そうに見えるけど笑顔が素敵で気さくな店主さんがやさしく出迎えてくれます。

ホームページはこちら。

そんな浜名湖フィッシングリゾートさんで狙うことができる魚のひとつが、ピラニアにそっくりな「コロソマ」という魚。

コロソマはピラニアと同じように熱帯系の魚なので、釣りができるのは水温が高い夏期のみだそうです。

10月は水温の関係でコロソマが狙えるラストチャンスです!

コロソマ釣り

コロソマはエサ釣りとルアー釣り両方で狙うことができますが、ルアーよりエサ釣りのほうが圧倒的にアタリが多いとのことなのでエサ釣りをチョイスしました。

エサ釣りのエサはコイを釣るのと同じような練りエサ。

釣り方はウキ釣りやぶっこみ釣りなど制限はありませんが、ハリはカエシを潰したバーブレスを使うことがルールです。

驚きなのがルールの1項目。

引きが強く歯が鋭いため中学生以上でないと釣りができない!?

しかも項目2には、竿をしっかりと持っていてくださいと・・・。

よほど引きが強いようで危険な魚のにおいがプンプンしてきます(笑)

実際に釣ってみた

百聞は一見に如かずなんてことわざもあるくらいですから、考える前に釣りしましょう!

コロソマエリアは写真のような楕円形の池で、水は濁っているため魚の姿は確認できません。

 

ハリにエサを付け仕掛けを投入してしばらく待っていると、ツンツンと竿先に軽くアタリが!そして次の瞬間

ギュイーーーーーーーーーーーン!!!!!

と超強烈な引きが手元に伝わってきました!

竿はいきなり根元まで曲がりこみ、リールのドラグをガンガン引き出しながら抵抗する魚。

釣り堀なのであまり悠長にドラグを出すわけにもいかず、ドラグを締め込み力と力の真っ向勝負です!

寄せては走られを何度も繰り返しながら上がってきた魚がこれ。

これがピラニアにそっくりな魚「コロソマ」です。

このコロソマは長さ50㎝ほどでレギュラーサイズとのことですが、レギュラーサイズでこの引きの強さとなると、もっと大きいのはどれだけ引くのか・・・?

確かに小さい子供では池に引きずり込まれかねないほど強い引きですが、それが病みつきになるほど面白い!!!

 

同行者のヒラスズキハンターRYOにもヒット!

オフショアのジギングロッドがぶち曲がりです!!!

 

最後のランディングの時まで大暴れで抵抗します。

 

タイミングが合えばダブルヒットも!

強烈な引きで釣り人を楽しませてくれるコロソマ釣り堀、超エキサイティングです!!!

60㎝以上で写真撮影

なんと、60㎝オーバーを釣り上げたら記念に写真をとってくれるとのこと!

受付の建屋の前にメジャーが置いてあるので、釣れたらそこで計測してみましょう。

ちなみにぼくは60㎝オーバーを釣り上げることはできませんでした。残念!

料金

コロソマ釣りはエサ釣り・ルアー釣り・フライ釣りとどんな釣りでも一律の料金。

  • 2時間:2,500円
  • 3時間:3,000円

レンタル釣具もあるので手ぶらで来ても釣りをすることができるので、初心者でも安心ですね!

釣れる魚はほかにも

イズミダイ(テラピア)

イズミダイという魚をご存知でしょうか?

別名テラピアともよばれ、一昔前まで安いお寿司屋さんでマダイとして売られていたことがあるほど美味しい魚です。

そのイズミダイを浜名湖フィッシングリゾートでは釣ることもできます。

イズミダイは釣り竿・エサ・網もセットで1時間1,500円で楽しむことができます!

釣ったイズミダイは別料金で持ち帰ることもできるので、せっかくなら食べたいという方はぜひ持ち帰ってみてはいかがでしょうか?

アクセス

住所:静岡県浜松市西区雄踏町山崎4198−36

電話番号:053-592-7351

営業時間:7:00~17:00

定休日:毎週金曜(祝日の場合は営業)

HPはこちら

まとめ

日本ではなかなかお目に掛かれないコロソマを釣ることができ、とても貴重な経験になりました。

国内のどの魚とも違う力強く独特の引きはきっと病みつきになると思いますよ!

コロソマは10月半ばで終了してしまうようですが、今年行けない方はまた来年に向けて準備をしておくのはいかがでしょうか?

使用タックル

  • ロッド:自作ライトジギングタイラバロッド
  • リール:アブガルシア ビッグシューターコンパクト
  • ライン:PEライン1.5号 + フロロ5号を2m
  • 仕掛け:オモリなしの脈釣り
  • ハリ:がまかつサーベルポイントフッキングマスターSS

釣り方はウキ釣りやぶっこみ釣りがありますが、最終的にもっともアタリが多かったのがオモリを付けずにハリとエサだけの仕掛け。

釣果を求める人はオモリを付けずに軽い仕掛けでやるのがおすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください