【渓流ルアー】千曲川水系でミノーイング!尺越えイワナが登場

千曲川へ

2021年初の渓流は長野県を流れる千曲川。

とてつもなく広い流域を持った千曲川の源流域へ釣行してきました。

千曲川と言えば、過去の動画でイワナの爆釣を経験した癒しの渓流。

川筋も多く、様々なシチュエーションで楽しむことができる川です。

今回はルアーで

今回の渓流釣行はルアー釣り。

餌釣りも好きですが新しい渓流ルアーロッドを作ったので、そのテストも兼ねています。

 

作ったロッドがこちら。

diggripのRyoくんと共同製作した4ピース渓流ロッドです。

ウッドと樹脂のグリップがカッコ良すぎる!!!

diggripからウッドグリップキットが発売される予定なので、気になる方はdiggripの公式Instagramをチェックしてくださいね!

いきなり良型イワナ

川に到着してすぐ、ちょっとした瀬にルアーを通してみると、いきなりヒット!

1尾目としては出来過ぎなくらいの尺超えイワナでした。

 

ルアーはジップベイツのリッジ。

重心移動による安定した飛距離とキレキレのダートが特徴のルアーです。

魚止めの滝に到着

この川筋の最上流で待っているのはこの滝。

こんな景色を見れただけでなんだか満足してしまうのが渓流釣りのいいところですよね!

滝壺にルアーを何度か通してみましたが、数回チェイスがあっただけでキャッチには至りませんでした。

ダムのほとりでブランチ

ひとつの川筋が終わったところでちょっと早めのランチタイム。

軽食を作りコーヒーを入れて、深呼吸・・・。

幸せすぎます。笑

こんな時間も渓流釣りの楽しみ方のひとつですよね!

違う川筋に入渓

ブランチを済ませたところで違う川筋に入渓。

先ほどよりも水量のある川で、雰囲気は120点!

Ryoくんにイワナがヒット

入渓した目の前のポイントで、Ryoくんにイワナがヒット!

瀬尻に出てきている活性の高いイワナでした。

Pmanさんもイワナをキャッチ

何度もイワナの追いを確認していましたが、なかなかヒットに至らなかったPmanさん。

でも最後の最後に美しいイワナがヒット!

最高の笑顔を見せていただきました!

渓流釣りが初めてのお二人でしたが、無事に魚もキャッチできて最高の釣行となったのではないでしょうか。

釣りの模様はPmanチャンネルで

やっぱ渓流って最高だわ!

渓流釣りは釣りの楽しさがぎゅっと詰まった最高の釣りです。

美しい景色の中でロッドを振れるだけでも幸せですが、自分が投げたルアーに魚が反応してくれるだけでもう満足です!

渓流釣りはなかなかハードルの高い釣りですが、興味のある方は一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

千曲川の状況

今回の千曲川水系はあまりいい釣果とは言えない結果でした。

もっと釣れる印象の川だったのですが、今シーズンは今までと状況が違うようです。

どうやら2020年の新潟豪雨の影響で、上流に当たる千曲川源流域の整備が国策として行われているようです。

そのため魚の着き場となる場所が工事で埋め立てられ、魚影が薄くなってしまったようです。

回復するまでは数年かかってしまうかもしれませんが、また楽しい渓流釣りができる日を願うしかありませんね。


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください