【金谷温泉】釣り後のリフレッシュに日帰り温泉はいかが?

こんにちは!六畳一間の狼のSUUです!

釣りを趣味とする多くの人はがいい釣果に恵まれたいと思うもの。

そのためにまだ空が暗いうちに起きて釣り場に向かうことも多いのではないでしょうか?

それが遠征となればなおのこと。その分、疲れは大きなものになり帰るころにはヘトヘトになっていませんか?

そんな遠征の後は疲れを癒すために温泉に入るのはいかがでしょうか?

静岡県下田市

下田とは静岡県の伊豆半島南東に位置する街。

釣り人にとっては、磯釣りが盛んで地磯や沖磯から大物が狙える地として、遠征に訪れる釣り人が多い場所です。

かく言うぼく達も何度も遠征に訪れている地で、釣り人のあこがれの地と言っても過言ではないかもしれません。

釣りでも有名な街ですが、温泉などの観光地としてもとても有名。

今回は下田の中でも六畳一間の狼がオススメする日帰り温泉をご紹介します!

金谷旅館

金谷というと静岡県中部の島田市を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、その金谷ではありません。

下田市にある「金谷旅館」という温泉宿の名前です。

昔ながらの温泉宿の風情を残したたたずまいに、千人風呂という巨大な浴槽が目玉のお風呂です。

 

昔ながらのいい雰囲気が残る番台。

 

木造で懐かしさを感じさせてくれます。

名物「千人風呂」

名物の千人風呂は長さ15m、幅5mもあり木造の大浴場としては国内で屈指の広さを誇るそうです!(写真はHPからお借りしました)

浴槽も床も壁もすべてヒノキ!

浴室内にヒノキのいい香りが漂い、お湯だけでなく香りでも体を癒してくれます。

千人風呂は男性がメインで使っているお風呂ですが、実は混浴なんです。

女性の脱衣所からも入れるようになっているらしく、女性の方で男性がいても気にしない方は入ってみてもいいかもしれません。

ちなみに水着の着用は禁止ですが、タオルを巻いての入浴はOKらしいですよ!

女湯「万葉の湯」

女湯のほうは実際に見たわけではないのでHPから紹介させていただきます。

平成三年十月、女湯の名湯を作りたい一心で、このお風呂を完成させました。「万葉の湯」という名前は、時代が変ってもいつまでも愛される温泉という願いを込めて付けたものです。古い建築様式の建物の中、湯温の異なる四つの浴槽の、お好みの湯加減のところにじっくりつかれば、時の流れもゆっくりと感じて頂けることでしょう。幅約五mは千人風呂と同じ、長さは約十一mで七割位ですが、千人風呂同様泳げる広さと深さがあります。

引用:金谷温泉HP

女湯には大きな浴槽も含めて4つの浴槽があり、お好みの温度のお風呂でゆっくりと浸かることができるようです。

木造の女湯としては国内最大!千人風呂も良いですがこっちもいいですね!

露天風呂もあり!

男女風呂ともにしっかり露天風呂が付いています。

裏庭に作られたような隠れ家的な雰囲気に打たせ湯や気泡浴ができますよ!

料金

日帰り温泉は平日700円、土日祝1000円。玄関は言ってすぐ左の番台で支払います。

脱衣所にはカゴがありますが、貴重品を仕舞える有料ロッカーも完備。

ドライヤーは脱衣所の外に10分100円で使用可能です。

気になる方は金谷温泉のホームページをご覧ください!

アクセス

まとめ

伊豆一と言われる総ヒノキ造りの金谷温泉。ぼくたち六畳一間の狼一押しの温泉です!

日帰り温泉と宿泊もできますので、釣りや旅行で下田を訪れた際にはぜひ行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください