サビキで小鯖が入れ食いで楽しすぎた

サビキに鈴なりに釣れてくる小サバ

こんにちは!六畳一間の狼のSUUです!

今年の駿河湾は5月入りイワシが大量にやってきて、それを追って青物が入ったりと魚っ気がとても増えてきました。

そんな中で、岸近くに大量に接岸した魚がいたので釣ってきました!

小サバ爆釣

なぜサビキをやることになったのかというと、近くで小サバが爆釣しているのを見かけたから(笑)

こりゃやるっきゃない!ってことでソッコーでサビキにチェンジ。

コマセのアミエビをパラパラ巻くと、コマセの着水音に気が付いた小サバがワーッと大量に群がり、奪い合いが始まります。

そこにサビキを落とせば、もう入れ食い状態!次から次へと針に掛かり、鈴なりは当たり前です!

ものの1時間で50匹以上の釣果に大満足です♪

たまには童心に帰ってサビキ釣りを楽しんでみるのもいいですね!

お子さんや釣り初心者でも簡単に釣ることができるので、たまには家族サービスも兼ねて、お子さんと奥さんと釣りを楽しむのはいかがでしょうか?

今回使った道具

サビキ

今回使ったのはママカリサビキの3号。魚が小さいので針も小さいサイズがGood!

サビキにはスキンやハゲ皮といった種類がありますが、ぼくは断然ハゲ皮がおすすめ。

スキンでは魚に見向きもされないことがあるので、ハゲ皮一択です。

また、トリックと呼ばれる針に直接コマセを付けるタイプでもOK。

専用の餌付け機を使う必要があり少々面倒ですが、釣りやすさは一番のサビキです。

オモリ

今回はナスオモリを使用しましたが、サビキ定番のコマセかごを使っても構いません。

ぼくらは手で撒いていたのでコマセかごは使いませんでした。

コマセかごを使うことでコマセが広がる中にサビキを入れることができるので、魚を釣りやすいです。

コマセかごには上カゴと下かごがありますが、下カゴの方が扱いやすくおすすめ。

コマセ(エサ)

(柄杓やスプーンがなく手で撒いています笑)

今回使ったコマセはアミエビ。釣具屋さんの冷凍庫でブロック状に冷凍されているものです。

アミエビには16切・8切といったサイズがあり、釣りをする時間で選んで頂ければOK。

大きさによる釣り時間の目安ですが、竿2本で

  • 16切:1~1.5時間
  • 8切:2~3時間

といった具合。(コマセを撒くペースによって違うので、あくまで目安です)

まとめ

今回釣れたのは小サバでしたが、このほかにもイワシ・アジ・サッパなど様々な魚が狙える釣りです。

初心者でも簡単に釣ることができるので、ぜひトライしてください!

最後までお付き合いありがとうございました!

2 件のコメント

  • お疲れ様です。

    六畳一間の狼様、

    先程のコメントですが

    削除をお願いします。

    今後、気をつけます。

    • コメントありがとうございます!

      お気遣いありがとうございます。
      昨日のコメントは公開を控えさせていただきました。
      また用宗港で撮影させていただくこともあると思いますので、その時をお楽しみに!

      これからも皆さんに楽しんで頂ける動画を配信していきますので、今後とも応援よろしくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください