メジャークラフトの浜王を徹底リポート!言いたいこと言います

近年は様々なルアーが発売されていますが、それぞれに特徴やメリットが存在しています。

今回は、低価格で誰でも使いやすいタックルを発売しているメジャークラフトのルアーをレビューしていきます。

Major craft 浜王

ロッドだけでなくルアーの販売も始めたメジャークラフト。

パラワームはぼくも大好きで愛用しています。

そんなメジャークラフトからサーフのヒラメで使えるジグヘッドワームが発売されています。

どんな性能なのか気になったので、実際に使ってレポートします!

少し安っぽい感じがするけど・・・

見た目は少し安っぽいような・・・。

実際定価750円と破格の安さなので、相応の見た目と言えます。

でもルアーの性能は見た目ではありませんよね!

実際に使ってみた

実際に海に行って投げ込んでみました。

感じたことを正直にお伝えしたいと思います。

アクションがいい!

まず驚いたのが、アクションが意外といいってこと。

アクションはボディ全体を揺らすローリングアクションと、テールの強いウォブリングアクション。

かなり強いアクションなので、渋い状況では使いにくいかもしれませんが、活性の高い魚を効率よく釣っていくにはバッチリのアクションだと感じました。

ワームはズレない

初めからセットされているワームはどれだけ投げてもズレることはありませんでした。

搭載されたギザギザキーパーがかなり高いホールド力を発揮しています。

試しにワームを引っ張ってみたのですが、外したくても外れないレベルのホールド力です。

飛距離はまずまず

テールにボリュームがあるので、空気抵抗が大きそうな印象の浜王。

ぼくがキャストして測ったところ、平均飛距離は59メートル。

一般的なジグヘッドワームと同等の遠投性能を持っていることがわかりました。

ぶっ飛びで有名なジョルティと同じような重心移動アイなので、多少空気抵抗があっても飛ぶようです。

気になるところ

いいところも多い浜王ですが、少し気になるところもありました。

正直に書かせていただきます。

速巻きで横向く

速巻きで泳がせてみたところ、どうしても横を向いて泳いでしまいました。

フックの位置やワームの挿し方など、試行錯誤してみましたが、どうしても横を向いてしまいます。

セットするワームの癖や穴の位置など、ワームによって変わる可能性はありますが、速巻きは得意ではないようです。

ワームが交換しにくい

ワームのホールド力が高い反面、ホールド力が高過ぎてワーム交換が困難でした。

もし交換するなら、今使っているワームを犠牲にするつもりで引っこ抜かなくてはなりません。

ひとつのワームがダメになるまで使い続ければいいのですが、ひとつのヘッドでカラーローテーションができないのは、個人的には残念に思います。

フックが信用ならん

純正で付いているフックがどうも安っぽくて信用できないのも気になる点のひとつ。

まだ魚をかけていないので、はっきりしたことは言えませんが、ちゃんと使うのであればフック交換をした方が安心かも。

特に、針先が鈍りやすいサーフでは、針の性能が釣果に直結します。

もっと軽いのがあると嬉しい

浜王のラインナップは21グラムと28グラムの2種類。

個人的にはもう少し軽い14グラムがあると嬉しいと感じました。

ぼくのホームでもある遠州灘のような遠浅サーフでは21グラムは重すぎるためです。

メジャークラフトさん!軽いところも作って!笑

浜王の使いどころ

実際に投げてみて感じたいいところと気になるところ。

その点を考慮して、ぼく的な浜王の使い所をご紹介します。

サーチベイトとして

浜王はかなり強いアクションのワームです。

その強さを活かして、サーチベイトとして魚の活性を判断したり、活性の高い魚を効率よく釣っていく際に重宝しそうだと感じました。

急深サーフが得意

重めのウェイトで速巻きが苦手な浜王は、比較的手前から水深のある急深サーフが使いやすいと感じます。

水深のあるサーフであれば、スローに巻いてもボトムを引きずることなく引いてくることが可能です。

静岡中部のサーフでは使いやすいジグヘッドワームだと思います。

結論:価格の割に結構いいぞ

超低価格な浜王ですが、価格の割りにかなり使えるルアーだと感じました。

サーフのヒラメ以外にも太刀魚などで活躍してくれそうなワームです。

気になる方はぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください