春シーバスの稚鮎パターンをわかりやすく解説!

こんにちは!六畳一間の狼のSUUです!

 

先日、タチウオの稚鮎パターンを解説しましたが、稚鮎を捕食している魚はタチウオだけではありません。

シーバスも稚鮎が大好きな魚の1つで、稚鮎に狂っているシーバスはとても釣りやすいパターンです。

今回は春シーバスの稚鮎パターンをご紹介します。

 

稚鮎パターンとは

稚鮎とはアユの幼魚のことで、秋に川で産み落とされたアユの卵は、孵化すると川の流れに乗って海に流されます。そして海で成長し、4月ごろに3~5cmまで成長したアユは再び川に集まり遡上を始めます。

稚鮎パターンが始まるのはだいたい3月前後で、世間的にはバチパターンの季節とほぼ同じシーズンです。静岡県はバチが少なくバチパターンが成立することはほとんどないので、稚鮎パターンが春シーバスのメインパターンと言えます。

 

2~3月ころになると港の中に稚鮎が集結し始め、4月ころに河口に集まり始めます。河口に集まってもすぐには遡上せず、しばらく河口付近にとどまってから川を上り始めます。

稚鮎パターンに入るとシーバスは小さいエサにしか反応しなくなることが多々あり、稚鮎よりも極端に大きなルアーへの反応が悪くなるのが稚鮎パターンの特徴です。

稚鮎パターンはここを狙え!

常夜灯周辺

港湾や漁港、河川の常夜灯には稚鮎が集まりやすく、シーバスが稚鮎を捕食する場所になっていることが多いです。シーバスが常夜灯の影の中や光の届かない暗い所に身をひそめながら、ときおり飛び出して稚鮎を捕食しています。

ボイルと言って、「バシャ」と水面を割って稚鮎を捕食することがよくあり、ボイルしているような状況はシーバスの活性が高く比較的釣りやすい状況です。

稚鮎は水面でエサを捕食しているので、水面直下をひけるルアーや

 

河川やその河口

稚鮎は川を遡上するために接岸するので、やはり河川や河口はポイントです。稚鮎は泳ぐ力が強くないので、川の流れが強い所よりも、岸際や流れが淀んでいるところに集中します。

そういった場所はシーバスにとって格好の捕食ポイントなので、そういったポイントを見つけたら粘る価値ありです。

河川は満潮・干潮によって水位だけでなく流れの速さや流れ方が変わります。稚鮎パターンでは水位が高く流れが強いほうが釣りやすいことが多いです。

それは、水位が高く流れが速い時のほうが「強い流れ」と「弱い流れ」の違いがはっきりとして、稚鮎の居場所が分かりやすくなるからです。

また、水深の浅い河川の場合は水位が高いほうがランカーと呼ばれる大型シーバスも入ってきやすいので、ランカーが釣りやすいタイミングとも言えます。

夜は浅い所が狙い目

夜になると稚鮎は水深の浅い所に集まって夜を過ごします。しかし、浅場は逃げ場がなくシーバスが稚鮎を捕食するには格好の場所です。

河川の中でも中洲の両サイドや下流側、川がカーブするところの内側など流れが直接当たらない場所で稚鮎は夜を過ごします。

そういった場所では深く潜らない小型のミノーやシンキングペンシルなどが使いやすいです。

 

日中も狙い目

稚鮎は夜は浅場で過ごしますが、日中は上流を目指して遡上し始めます。シーバスもそういった稚鮎を追いかけて活性が高くなりやすく、釣るチャンスが多いです。

日中はシーバスにルアーがはっきり見えてしまうので、夜よりも早めに巻いて見切られないようにアクションするのがコツです。

 

時期によって釣れる場所が変わる

稚鮎は2~3月に港に集結し始め、4月には河口付近に集まり徐々に上流に向かって遡上します。そのため時期によって釣れる場所が変わるので稚鮎の状態を読んだ釣りが必要です。

2~4月は稚鮎が接岸し河口に集結し始める季節なので、港湾や漁港の常夜灯があるところがポイントです。特に常夜灯が威力を発揮するのは3月くらいで、ポイントがもっとも絞りやすく釣りやすい季節と言えます。

4月になると河口に集結し始めるので、港湾よりも川がメインのポイントです。河口の流れが直接あたらない場所や浅瀬が狙い目です。

4~5月は稚鮎が遡上を始めるので、川の中が熱い時期です。小規模河川よりもアユ釣りができるようなな中規模以上の河川が狙い目。

 

稚鮎パターンにオススメのルアーはこちらを参考の記事をどうぞ

春シーバスの稚鮎パターンにおすすめのルアー5選!

 

まとめ

稚鮎パターンで大切なことはルアーの大きさと、稚鮎が今どのような状況なのかを把握することです。常夜灯のポイントであれば稚鮎を目視することもできますし、日中に稚鮎の位置を確認しておくこともとても有効です。

シーバスが面白い時期はこれからです!この記事を参考に稚鮎パターンのシーバスを攻略してください!

 

最後までお付き合いありがとうございました!

皆さんのフィッシングライフがより良いものになるお手伝いができれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください