深海魚「ミズウオ」をいろんな料理で食べてみた

こんにちは!六畳一間の狼のSUUです!

突然ですが皆さんが食べるのが好きな魚は何ですか?

アジ、ヒラメ、マグロなど魚によって味や食感に個性があり、好みが分かれると思います。

先日、今までに食べたことのない味と食感の魚を食べたのでレポートします。

 

深海魚が釣れた!

焼津の石津浜という海岸に夕方釣りに行きました。

タチウオ狙いでルアーを投げていたのですが、まさかまさかの深海魚ミズウオがヒット!

ギョロっとした光る大きな目と黒光りする魚体、極めつけは大きくて鋭い歯。

 

この世の生き物とは思えない、まさに怪魚。

顎が弱くフィッシュグリップで掴んだところ、顎が縦に裂けてしまいました。

釣れた時の様子はこちらの記事をご覧ください。

【衝撃】まさかの深海魚「ミズウオ」が岸から釣れた!!!

その時は深海魚が釣れることなんてあるのかとびっくりしましたが、調べてみたところ冬の駿河湾では稀にミズウオが海岸にうち上がることがあるとのこと。

しかし、実際に釣ったのはかなりレアなようです。

実際に食べてみる

せっかくなのでミズウオは持ち帰って食べてみることにしました。

調べてみても毒はなく食べられるようですうが、ミズウオが市場で流通することはないようなので貴重な経験です。

家であらためて見てみるとすごい見た目です。

 

釣れた時には気づきませんでしたが、とても大きく立派な背びれが付いていました。

背びれはやわらかく伸縮性のあるゴムのような感じで、サランラップやコン〇ームに近い感じ。(笑)

お腹が異様に膨らんでいるので何が入っているのか気になります。

 

捌く

表面にはウロコがなくツルっとしていて、そのかわりカラダ全体に透明なゼリーのような物で覆われていました。

普通の魚と同じようにお腹から包丁を入れて内臓を出します。

お腹が異様な形で膨らんでいたので、何が入っているのかワクワクしながら開いてみると・・・

 

カワハギが丸々入っていました!!

自分の胴体よりも大きなカワハギを丸飲みにしてしまうとは驚きです。

しかも、カワハギでお腹いっぱいになっているところにさらにルアーを食おうとするとは、なんとも貪欲です。

 

料理

料理は定番の刺身と炙り、魚の味がもっともわかる塩焼き、そして煮つけで頂こうと思います。

透明感がありやわらかい身は包丁で簡単に切ることができますが、小骨が多く舌に触りそうな感じ。

 

塩を振って炙りにします。ゼリーのような皮膚でなかなか焦げ目がつきませんが、何とか炙り完成。

 

頭付きの刺身と炙りの盛り合わせ完成!!!

上の方が刺身で下が炙り。炙っても見た目にあまり変化ありませんでした。

 

塩焼きと煮つけも完成!

完成はどちらも普通の魚と変わらない様子で、匂いも普通の魚料理となんら変わりありません。

味の感想

刺身と炙り

正直なとこと、あまりおいしくはないです。

ドゥルっとしてやわらかくゼリーのような身で、少し甘みがあり癖はないですが薄味で少し生臭さを感じます。

例えるなら、味の薄い甘えびで食感はやわらかいナタデココといった感じ。

炙りは食感が少ししっかりしますが、味に変化はないです。

身がしっかりした分、まだ炙りのほう方が食べられるかもしれません。

 

塩焼き

家の魚焼きグリルで10分ほど焼いたミズウオ、匂いは焼き魚そのもので美味しそう!

しかし、10分焼いたにも関わらず中から次から次へと水分が出てきます。

味は正直なところ刺身よりも悪いかも。

焼いたことによって良くない部分が強調されてしまったような感じで、噛めば噛むほど水がジュワっと染み出してきます。

柔らかいナタデココのような身は火を通したことによってブリブリに変化して、生臭さがパワーアップしています。

ミズウオの塩焼きは正直ナシ。

 

煮つけ

なんと煮つけは大当たり!普通においしくいただけます!

味の薄い魚なので、煮つけで味をしっかり付けたことによって美味しく頂けるようです。

身は塩焼きと同じうような食感ですが、煮つけにすることによってトロっととろける様な感じを楽しむことができました。

ちょうど魚の煮つけの目玉部分に近い感じ。

ミズウオの煮つけは美味しいです!!!

しかし、小骨が多く食べづらいのは否めません。

この小骨の数、ヤバすぎです。

実際にミズウオを食べるときの動画があるので、ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

まとめ

今回ミズウオを4種類の料理で食べてみましたが、総合的にあまり美味しくない魚ということが今回わかりました。

加えて小骨が多く食べづらいので、市場に流通しないのもうなずけます。

逆にミズウオを食べる機会はなかなか無いので、とてもいい経験になったと思います。

毒はない魚なので、もし手に入ることがあったら、ぜひ煮つけで食べてみてください!

最後までお付き合いありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください