絶対に販売してはいけない巨大深海魚「バラムツ」を食べてみた

こんにちは!六畳一間の狼のSUUです!

ぼくらが住んでいる静岡県は日本一深い海で知られ、多くの深海魚が生息しています。

テレビでもおなじみの焼津の深海魚漁師「長兼丸」の漁場も駿河湾です。

そんな深海に生息する全身大トロの巨大魚が手に入ったので、その様子をレポートします!

全身大トロ深海巨大魚「バラムツ」

皆さんはバラムツという魚をご存知でしょうか?

なんと法律により販売することが禁止されている巨大魚で、その理由はこちら。

数百メートルの深度に生息する深海魚であるが、夜間には浅場に浮上することが多いため、刺し網や延縄などにかかることが多い。

顔立ちはいかつく、ムツのように目と歯が大きいが、スズキ目の深海魚という共通点以外にはムツとは近縁ではない。口には鋭くて細かい歯が多く並んでいる。和名の由来は、体を覆うバラの棘のような棘状の硬い鱗から採られており、素手で触れると裂傷を負ってしまうほどである。

大東諸島では、同じクロタチカマス科の魚であるアブラソコムツと区別せずに、インガンダルマ(「犬が(お尻から油が)垂れる」または「犬が(下痢で)ダレる」と言う意味。「胃が垂れる」は誤りで、前触れもなくいきなり尻から垂れる)またはダルマ(「(人間の)(お尻から油が)垂れる」と言う意味)という別名で呼ばれる。大型であり、成魚は全長2メートル以上になることもある。

引きがよく、体が大きいので、スポーツフィッシングの対象にもなっている。

Wikipediaより引用

簡単に言うと大型の深海魚で、引きが強く釣り人に人気の魚です。

似た魚で「アブラソコムツ」という魚があり、こちらも同じように釣ることが出来る魚。静岡県ではサットウと呼ばれています。

販売が禁止されている

この魚、法律により絶対に市場に流通することがない魚なんです。

それは体の40%を占める脂分が人間には消化することが出来ない「ワックスエステル」という成分であるためです。

そのため、大量に食べると人間の意志とは無関係にお尻から油が漏れ出てきてしまうのだとか・・・。なんとも恐ろしい。

大量に食べ過ぎると皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を引き起こしたり、下痢や腹痛を引き起こしたり、多量に摂取したばあい昏睡状態におちいる可能性もあるのだとか。

バラムツもアブラソコムツも法律的には毒魚扱いということです。

そのバラムツを入手!

焼津の釣りガール愛さんがバラムツを釣ったとのことで、切り身を少し分けてもらいました!

愛さんのバラムツ釣行記はこちら念願のバラムツ釣り”愛love fish!!”


切り身の状態でもらったのですが、これでも結構多い。

聞いた話では「3切れまでなら大丈夫」とか「4切れは大丈夫だった」とか。少なくとも4切れ以上の量です。

ベーシックにお刺身と残った身をソテーにして食べてみることに。

 

お刺身から

う、美味い!!マグロの大トロにそっくりで脂が口の中に広がります。大トロというより超大トロって感じ。

味は少し甘みがあり、マグロの大トロよりむしろこっちの方がクセが少なくて美味しいかも!!

でもとにかく脂がすごいので、大量には食べられないかも・・・。

 

ソテーも美味い!

火を通したことで少し身がしっかりしますが、ホロホロとほどける様な食感がいい感じです!

ただ、火を通したことで脂の感じを強く感じるようになり、ギトギトした感じが強くなりました。

個人的にはお刺身のほうが好き!!

 

実際に食べたときの様子や身の感じはこちらをご覧いただけるとわかりやすいと思います。

 

今回ぼくは少ししか食べませんでしたが、大量に食べた強者のブログを発見したので、興味のある方はぜひご覧ください(笑)

巨大深海魚を釣って食べたら尻から油が!

バラムツとアブラソコムツで人生を台無しにしかけました

最後までお付き合いありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください