車での仮眠や車中泊に持ってたほうがいい!100均に売ってる快眠グッズ!

こんにちは!六畳一間の狼のSUUです!

 

皆さんは車で仮眠をとったり車中泊をしたことはありますか?

朝早くから一日中釣りをしたり、釣り遠征でずっと車の運転をしたりするとどうしても眠くなってしまいます。

そんな時はシートを倒して仮眠をとりますが、車のシートってとても寝づらいですよね。

首が安定しないうえ外からの光が眩しくて熟睡できず、寝ているのか起きているのかわからないような状態のことが多いと思います。

そこで、今回は車での仮眠や車中泊にもってこいの快眠グッズを100円ショップのダイソーで発見してきたので、皆さんにご紹介します!

 

快眠グッズ【アイマスク】

仮眠をとる際に煩わしいのが外から入ってくる光。

日中は特にですが、夜でも街頭の明かりや月の明かりで目が冴えてしまいなかなか寝付けないことが多いのではないでしょうか。

人間は目に光が入ってくると脳が起きてしまい、なかなか寝付けなくなってしまうそうです。

そこで活躍するのがアイマスク。

 

このアイマスク、100円の割りにかなりクオリティが高くびっくりしました。

まず、表面が触り心地がやわらかな起毛素材なので、装着した時の肌に触れる嫌な感じが全くありません。

そして一番感動したのは鼻にあたる部分。

本体とは異なる素材でできているのですが、この部分のおかげで鼻とアイマスクの隙間がなくなってほぼ真っ暗な状態になることができます!

これはほんとによく考えられいる製品ですね。

 

耳せんが付いているので、外がうるさくて寝れないという心配もありませんね!

快眠グッズ【首まくら】

ぼくが感じる車で寝るときに一番の寝づらい原因は、首の位置が決まらないことです。

首がぐらぐらしてずっと首に力を入れているような感覚になり、まったく落ち着きません。

しばらく首をかばいながらじっとしていると、今度は腰に無理がきて痛くなってしまいます。

今度は腰をかばいながら寝るのですが、そうなると首が痛くなって、また首をかばうと・・・。

不眠の無限ループが始まります(笑)

そんな不眠ループを断ち切ってくれるのが首まくらというドーナツのような形をしたクッションです。

 

このクッションを首に巻くように付けると、クッションに首を預けることができるので、首に無理な力が掛からず安定させることができます。

この首まくらはビーズクッションタイプで、適度なやわらかさとハリがあってとても寝やすいです。

表面は表と裏で素材が違い、サラサラした質感の表面と毛布のような肌触りの裏面があるので、季節によって使い分けることができます。

このクッションなしでは寝られないと思わせるほど快適になりますよ!

ただし、このクッションは300円なので注意してくださいね。

装着イメージ

アイマスクもクッションもない状態は首に負担がかかり痛くなってしまい、光が差し込んでくるのでとてもじゃないですが寝られません。

 

快眠グッズを装着すればかなり快適に変わります!

 

これなら明るい昼間でも、高速道路のサービスエリアでも関係なく寝られます!

 

まとめ

この快眠グッズがあれば車でも快適に睡眠をとることができます。

眠気を我慢して無理をすると事故を起こす危険があるので、眠たいときは素直に寝ましょう(笑)

また、遠征に行った先でわざわざ宿をとらなくても車で寝れば安上がり!

ダイソーで手ごろな値段で手に入れることができるので、皆さんも車に入れておくのはいかがでしょうか?

 

最後までお付き合いありがとうございました!

皆さんのフィッシングライフがより良いものになるお手伝いができたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください