重要なお知らせ※フィッシングショー大阪について

こんにちは!六畳一間の狼のSUUです!

いつもぼく達を応援していただきありがとうございます。

今回はとても重要なお知らせがあります。


実は

 

 

 

 

 

 

なんとフィッシングショー大阪でトークショーをやらせていただけることになりました!!!!!

YouTubeの動画活動をはじめて1年半。

まさかトークショーをやらせていただける日が来るとは思ってもみませんでした。

これもいつも応援していただいてる皆さんのお陰です。

本当にありがとうございます!!!!!

トークショーはジャクソンさんのブース内で土曜日14:30からスタートします。

始めてコラボさせていただいたジャクソンの企業内YouTuber釣りジャック」さんと一緒にトークさせて頂きますので、お時間ある方はぜひともお越しください!

このトークショーのためだけに作った数量限定特別プレゼントもあります!

貰えるチャンスがあるのはぼくらのトークショーを見に来てくれた方にだけですよ。

 

日曜日も会場にいるので、ガンガン声かけてくださいね♪

皆さんとお会いできることを楽しみにしております!!!

7 件のコメント

  • 六畳一間の狼 様
    愛 様
    釣りジャック 黒豹様
    イチロー様

    いつも、楽しくファンをやらせて
    頂いているMです。

    まずは、大阪フィッシングショーでの
    トークショーおめでとうございます。

    六畳一間の狼 様には
    ネンブツダイバトルの際に
    初めてお会いした時から
    彼らは素晴らしい性格と
    知識、経験を持っているなと
    羨ましくなるくらい尊敬しています。
    と同時に脳内物質のバランスと
    遺伝子がどうなっているのか?
    興味を持ちました。

    自分はネンブツダイバトル時、
    オリムピックの
    コルトというアジングロッドを
    折りました。
    心も若干折れましたし、
    主催者側から
    嫌われているかもしれないと
    思い、帰ろうとした時に
    SUUくんとハヤマくんが
    最後までいて下さい!
    と引き止めてくれました。

    優しい奴らだな〜と本当に
    嬉しかったです。
    その際は、本当にありがとう
    ございました。
    その時は幸運にもJacksonさんの
    ルアーケースとルアーを頂き
    イチローさんに 二刀流!と
    いうサインを頂き、
    帰宅途中で大爆笑して
    帰ったものでした!
    ゲイでも、バイでもないのよね〜笑
    みたいにです。

    まぁ、ここにも色々書いた。
    釣りは好きだけど、
    釣りを通して物凄く辛い経験を
    したので、釣りが嫌になったことが
    あります。簡単に言うと馬鹿にされ
    潰しにかかられたんですね。

    だから、
    余計に

    SUUくんとハヤマくんが
    キラキラ眩しく見えました。

    失礼なことを書いたことも
    羨ましさからだったことも
    ありました。
    本当にごめんなさい。

    もし、また君たちが許してくれるなら
    会って
    話がしたいです。

    キープキャストの2日目に
    行けたら行くつもりなんですが。

    堀田さんを始め
    黒豹さんにもイチローさんにも
    色々な人に会ってお話しがしたいです。

    六畳一間はトークショーやらないのでしょうか?
    是非、やって下さい!

  • 追記。

    余談ですが、自分こそ 本当の狼かも
    しれません。野獣です。

    巷では理不尽を許しなさいと
    言われますが、

    絶対許さない奴らがいても
    いいと思います。
    その孤独と激しい怒りの
    エネルギーで
    ぶっちぎって
    ぶっちぎって
    ぶっちぎって
    やることしか
    考えていないからです。

    本音と建前で表面は
    大人の対応をしますが
    絶対に許さない奴らが自分にはいます。

    ちなみに六畳一間さん、愛さん、
    釣りジャックさん、堀田さんや
    DUOさん、その他メーカーさんは
    関係ありません。遊さんやかめやさんも
    上州屋さんも関係ありません。
    上記の方々、ここに書かれていない
    方々も基本リスペクトです。

    自分が憤りを感じて仕方ない奴らは
    これを読んで自分でわかると思います。

  • 前回は追記として、実にマイナスな
    ことをコメントして
    申し訳ございませんでした。

    起きてしまったことは仕方ないこと
    ですし、半分は自分にも非があると
    考え直しました。

    理不尽なことをした人たちは
    釣り業界に関係する方々ですが
    お世話になったこともありました。
    感謝する部分もあります。
    良かったことは忘れてしまいがち
    なのかもしれません。

    そしてわ
    上手く付き合えなかったのは
    自分の実力の無さと
    信頼されていなかったからだと
    自分に言い聞かせています。

    従って、今後、努めて前向きに
    乗り越えて行きたいと思います。

    本当に釣りの話題からそれて
    ごめんなさい。

  • フィッシングショーその他お疲れ様です。
    一部のコアなファンの一人です。
    本記事とは全く関係無いのですが、分からない事があり是非解説していただけたらと思い、メールします。

    ・ベイトリールについて
    私は30年余りスピニングしか使ったことのない純潔のソルトアングラーです。
    村田さんをはじめ、多くのプロアングラーががアンタレスなら100m飛ぶよなどとおっしゃってますが、その前提条件がブレーキを掛けないとか、緩めることらしいのです。
    だとしたら、そもそもそのブレーキはいらないのではないのでしょうか。
    それとベイトのかたはなぜバックラッシュとか呪文をとなえて、糸を出したりしているのでしょうか。

    ・ベイトロッドについて
    村田さんが言うにはベイトで投げるときはハンドル部分を上か下にするとのことですが、それはスパインを無視してロッドを歪ませて投げろと言うことでしょうか。
    それで100m飛ぶのなら、ベイトロッドのスパインはどこにあるのでしょうか。

    その他、ベイトとスピニングの違いについてもご享受いただけたら幸いです。
    私の回りにはベイトってなんだそれ美味しいの?って人しかおらず、ベイトでまともに使えるのは高いとか、ベイトは飛ばない、そもそも海では使えないなどの言い伝えがあり、なんだか楽しめるチャンスを逃している気がします。

    大変不躾な要望ですが、いつか解説していただけたらありがたいです。
    よろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます。返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
      ご質問の件に関しては追々記事にしたいと思います。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  • 六畳一間の狼 様

    最近、ブログが更新されていないので

    心配しております。

    心配しつつの質問ですが、

    紹介するメーカーやルアーに

    偏りがありませんか?

    アピアさんのロッドやルアー

    クレイジーオーシャンさんの

    アクアリザスターなど

    静岡でかなり多くのファンが

    いるメーカーやルアーはありますので、

    サーフフィネス同様に

    特集して下さい。

    メーカーに属さないからと

    記事に書いていましたから、

    特集出来ますよね。(๑˃̵ᴗ˂̵)

    あと、僕はあなた方のファン

    なのですが、あなた方を

    嫌う人も沢山いることを

    最近知って驚きました。

    何か、その素敵な笑顔の裏に

    あるのかな?と思うと

    ちょっと怖いです。

    ずっと、順調に行けることを

    切に願います。

    • コメントとご指摘ありがとうございます。
      以前から同じようなご指摘を何度か頂いています。
      私がこの活動をしているのは、少しでも多くの方にたくさん魚を釣って楽しんでいただきたい!少しでも多くの方に釣りの魅力をお届けしたい!といった思いがあるからです。
      そのために”メーカーに属さず釣り人のリアルをお届けする”という姿勢は今も昔も変わっていません。
      ただ、ぼくは釣り人としてまだまだ未熟であり、今回のようにご心配や疑念を抱かせてしまったのは私の責任です。申し訳ございません。
      これからも信念は曲げず、皆さんに楽しんで頂けるコンテンツ作りをしていきますので、今後とも暖かい目で見守っていただけたらと思います。
      いつも応援ありがとうございます。

      六畳一間の狼

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください