【根魚必釣!?】これさえあれば大丈夫!ロックフィッシュジグヘッド

こんにちは!suuです!

 

12月に入り今年も残すところ1ヶ月を切り、冬本番も間近です。

水温も少しずつ下がり始め、根魚シーズンがすぐそこまで来ています!

{397D3158-3A4C-4A44-B067-91FF862F02F3}

 

今回は根魚釣りにおすすめのジグヘッドを紹介します。

 

ジグヘッドを紹介する前に、根魚の簡単な釣り方を紹介した動画があるので、そちらも併せてご覧ください。

 

壁際に落としチョンチョンっとアクションさせて止めて待つ、少し落としチョンチョンして止めて待つ、の繰り返しでいたって簡単です。

動画の中でも言っていたように「壁は港には必ずある、水中でもっとも大きな障害物」で、釣り人が見落としがちなのも足元の壁です。

壁にはカサゴやソイなど多くの魚が潜んでいて、壁や壁のエグレに身を隠しながら近くを通るエサを捕食します。

 

日中はダートで誘う

日中、根魚は警戒心が強く壁にぴったりとくっついて身を隠したり、エグレの奥でじっとしたりしてエサを活発に追いかけることはあまりありません。

そのため、根魚の目の前にルアーを持っていく必要があり、動画のように壁際ギリギリでジグヘッドをアクションさせて誘います。

その際に大切なのがダートアクションです。ダートアクションとは、ルアーが左右にピョンピョン跳ねるような動きのことで、魚の捕食本能に直接訴えかけリアクションバイトを誘発させます。

リアクションバイトは本能的に魚が思わず食いつくことを言い、日中の警戒心が強い根魚も釣ることができます。

簡単ダートと大物対応のフック

ダートアクションで根魚を狙うときにピッタリのジグヘッドがジャズの【尺ヘッドDX Dタイプ】です。

ダートアクションに特化した形で、簡単にダートをさせることができるジグヘッドです。

さらにフックが太くて強度があるので、大型の根魚が掛かっても安心してやり取りができます。大型の根魚の引きはかなり強烈ですからね。

ぼくの場合は特に5gを多用しています。少し重めの方がダートアクションのキレが出て、操作もしやすいからです。

 

尺ヘッドDXに合わせるワームはグローブライドの【月下美人ビームスティック2.2インチ】を使っています。

ビームスティックは「もちもち系」と呼ばれ耐久性が高いのが特徴で、なかなか千切れません。

ぼくのホームの焼津ではフグがとても多く、普通のワームを使うと一瞬で千切れられてしまうため、もちもち系のビームスティックを使っています。

カラーはピンクやオレンジ、白系などの派手な色がおすすめです。

夜は光で誘う

夜になると根魚は隠れ家の壁やエグレの中から出てきます。とはいえ、泳ぎ回るのではなく、捕食しやすいエグレの外側に出てきて、エサが来るのをじっと待っています。

狙いは日中と同じ壁際ですが、日中に比べて夜は警戒心が薄れているので、エサを見つけると活発に捕食しようとします。

そのため、夜はダートアクションよりも、暗い中で根魚が見つけやすいジグヘッドを使うことが大切です。

そこで僕が使っているジグヘッドはグローブライドの【月下美人SWライトジグヘッドSS夜光】です。ヘッド部分が光を溜めて発光するグローカラーになっているので、暗い水中でも存在感をしっかりアピールしてくれるジグヘッドです。

ぼくは1.5gをメインに使っていて、使い方は日中の誘い方と同じです。チョンチョンとアクションさせて止めて待つ、の繰り返しです。

ダートさせる必要がないので、ルアーがピクピクとアクションするように少し弱めに動かすのがコツです。

 

夜の根魚釣りで使っているワームはバークレーの【ガルプ サンドワーム2インチ】です。

ガルプは「ガルプ臭」と呼ばれる独特の匂いが根魚に効果抜群で、一晩で根魚80匹の釣果を叩き出したこともあります。

その時もSWライトジグヘッドにガルプの組み合わせでした。夜光のアピールとガルプ臭のコンビはまさに鬼に金棒といったところです。

ガルプの中でもサンドワーム2インチは太短い形で、太さのアピール力がありながら一口サイズのバランスのとれたワームです。

 

まとめ

全国どの港にも必ず存在する堤防の「壁」は、水中でもっとも大きな障害物であり、多くの魚が身を寄せる場所でもあります。

足元でもびっくりするような大物が潜んでいることもあるので、皆さんのフィールドで試してみてください。

 

関連の記事はこちら!

アジングにおすすめ!髪掛かり的な最強ジグヘッド

ガルプが生産終了ってホント??NEWガルプをほのめかす記事も

 

最後までお付き合いありがとうございました!

suuでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください