ジャクソンのフリークセットが優秀すぎてサーフヒラメの切り札的存在かもしれない

ジャクソンの新製品が釣れる気しかしない

ジャクソンから最近発売になったフリークセットというワームとジグヘッドのセットをご存知でしょうか?

きっとサーフのヒラメファンならすでにご存知どころか、もう釣果をあげている方も多いはず。

今回はそんなフリークセットをまだ使ったことがない方に向けて、詳しくご紹介させていただきます。

どんなワームセット?

プレートの付いた独特なヘッド

フリークセットの最大の特徴は、変わったプレートの付いたジグヘッドではないでしょうか。

ぱっと見はチャターベイトなのかなと思いましたが、よく見るとチャターのように強く水を受けるプレートではありません。

水を受けてアクションするのではなく、水を受け流すような感じです。

ソフトなピンテール系ワーム

ワームはソフトな素材のピンテール系ワーム。

サーフではシャッドテールが一般的ですが、あえてピンテール系なあたりにジャクソンのこだわりを感じます。

上面がフラットなので、もしかしたらハンドポワードのワームなのかもしれません。

 

サーフ用としては軽めなラインナップ

フリークセットは8、12、15グラムの、サーフ用としてはかなり軽量なラインナップ。

近年、流行りのサーフフィネスど真ん中のラインナップです。

サーフ以外でもシーバスなどでも使えそうな気がします。

ワンフック仕様

フックはトリプルクレンサルカンを使用したワンフック仕様。

トリプルクレンを使用しているため、魚がファイト中に回転したり、ルアーが振り回されてもバレにくいはず。

スイベルシャフトを使わないあたりにもジャクソンのこだわりを感じますね。

フリークセットの使用感

プレートアイは浮き上がりやすい

プレートアイにラインを接続した場合、ヘッドアイに接続するよりも若干浮き上がりが早くなります。

引き抵抗も増すため潮の流れも感じやすく、よりスローにより繊細に探ることが可能です。

ヘッドアイは普通のジグヘッドな感覚

プレートを後方に持っていきヘッドのアイに接続した場合は、普通のジグヘッドといった感じ。

特にダイワのフラットジャンキージグヘッドと似た使用感で、一般的なジグヘッドよりも浮き上がりは早いです。

とはいえプレートアイに接続した方が浮き上がりが早いため、風や流れの状態で接続する位置を使い分けることができます。

プレートアイはS字っぽい動きも入る

プレートアイに接続した場合は引き抵抗が強くなるだけでなく、ちょっとS字っぽいアクションも入ります。

全体的に左右にゆらゆらと揺れるような動きが入るため、ただのピンテール系ワームよりもアピール力は高いはずです。

プレートのフラッシング効果もあるらしい

ヘッドアイに接続した場合は、プレートがフリーになるためフラッシング効果も期待できるのだとか。

プレートがチラチラとフラッシングしつつ、カチカチと音も発生するので、一般的なジグヘッドワームとは違ったアピールがあります。

ワームはフラッシングが弱いものがほとんどなので、フリークセットのフラッシング効果で釣果が変わる事もきっとあるはずです。

フリークセットの実績を少し

こちらは初めてフリークセットを使用した時にキャッチしたマゴチ。

周りのアングラーはほぼ釣れていない中、キャッチすることができた貴重なマゴチです。

8グラムをふわふわと漂わせるように巻いてきて、波打ち際のボトムで食ってきました。

 

こちらはかなり貴重なサーフキビレ!

フリークセットのワームをフラットジャンキージグヘッドにセットしてキャッチしました。

フリークワームは普通のジグヘッドでも使えるようなシステムになっているため、あえて違うジグヘッドに装着してみるのもありです。

逆にフリークヘッドに他のワームをセットしてみたら、神のセッティングが生まれるかもしれません。

フリークセットの強み

ここからはぼくが実際にフリークセットを使用して感じたフリークセットの強みについてご紹介します。

まだ大した数の魚を釣っているわけではないので、ぼくが気づいていない強みもあるかもしれません。

もし「もっと強みがあるよ!」という方は、是非コメントで教えてください!

2つのセッティングで使い分け

ひとつのジグヘッドで2通りの使い方があるのはかなりの強みではないでしょうか。

持っていくルアーが限られるサーフの釣りで、一つ二役のルアーはかなり重宝します。

ヘッドの重さは3種類ですが、それぞれ2通りの使い方があるため、実質6種類のヘッドがあるのと同じこと。

二つの使い方とヘッドの重さが3種類あることで、その日の状況により的確にアジャストさせることができるはずです。

かなり食わせ力が高い

フリークセットのワームはサーフ用としてはかなりソフトで、ちょっとしたロッドアクションでもしっかりとアクションしてくれます。

また、ヘッドのワームキーパー部が短いため、ワームの可動域が広くよりナチュラルな動きを出すことができるのも強み。

軽めなウェイトランナップとも相まって、かなり食わせ力が高いジグヘッドワームです。

シビアな状況で効果を発揮するはず

アピール力が低くナチュラルな動きのピンテール系ワームに、軽めのウェイトラインナップ。

そしてプレートの使い分けによって、魚がジグやミノー、ハイアピールなワームに反応が悪いようなシビアなタイミングでこそ、フリークセットの真価が発揮されるはず。

マズメ時を過ぎた時や釣り人が多くプレッシャーが掛かっているタイミングでもフリークセットなら結果を出してくれるはずです。

サーフの切り札になるかも!

フリークセットは食わせ力が高く、状況対応力も高い優秀なジグヘッドワーム。

もしかしたら現代のサーフフィッシングにおいて切り札的な存在になるかもしれません。

ボックスにひとつは入れていおいても損はないと思いますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください