超完成度の高いエギ「ダートマックス」をインプレ。久しぶりに使ったら本当にいいエギでした

エコギア「ダートマックス」

エコギアから発売されているエギといえばダートマックス。

その名の通りアクション性能をダートに全振りしたかのようなダート特化エギです。

今回はロングセラーエギのダートマックスについてお話させていただきます。

10年以上前からずっと愛され続けている

ダートマックスが発売されたのは今から10年以上も前のこと。

その当時はエギングの全盛期と呼べるほどエギング人気が爆上がりしていた時期で、各社からエギやエギングロッドが多数発売されていました。

ぼくもエギングにどっぷりハマっていた頃で、毎日のように釣り場に通っていたことをよく覚えています。

そのころは特にブリーデンのエギマルが一番のお気に入りで、ヤマラッピさんがめちゃめちゃ憧れのプロアングラーでした。

ヤマラッピさんが出演するDVDや雑誌を買い漁っていたなぁ。笑

そんな時期に発売されていたダートマックス。

エギングを勉強していたぼくはもちろんダートマックスも購入して使用していました。

その頃から高性能なエギとして多くのエギンガーから支持されていましたが、モデルチェンジすることなく未だに愛され続けているのは驚きです!

10年以上も前にすでに完成系として出来上がっていたエギなんですね。

革新的なヘッドとアイの位置

ダートマックスが発売された当時、ダートマックスはかなり革新的なエギでした。

何が革新的だったのかというと、アイの位置とヘッドです。

それまでのエギはヘッドの先端にアイがついているものばかりで、それがベーシックなエギの形として認知されていました。

そんな常識を打ち破ったのがダートマックスです。

ヘッドの上側にアイが付いていて、さらヘッド部にはエギ独特の布が掛かっていません。

まるでルアーのようなリアルでカッコイイ顔つきに衝撃を覚えたことをよく覚えています。

 

ダートマックスの特徴

ダートマックスの特徴は見た目だけではありません。

むしろ見た目よりも性能の特徴の方が突出していると言っても過言はないでしょう。

キレッキレのダートアクション

初めに少し触れましたが、ダートマックスという名前の通り、ダートアクションにステータスを全振りしたようなダート性能をしています。

左右に水の中を滑るようなキレッキレのダートアクションは、他のエギにはない性能でした。

現在はダートマックスに匹敵するようなダート性能を持ったエギも発売されていますが、今でもダートマックスの右に出るダート性能を持ったエギはないのではないでしょうか。

浮き上がりにくい

もうひとつの性能が、エギの”浮き上がりにくさ”です。

ワンピッチジャークでエギをダートアクションさせた時、ダートマックスは大きなダートアクションをしますが、あま高く跳ね上がることがありません。

まるで海底を這うようなダートアクションというと言い過ぎですが、そんなニュアンスのアクション性能です。

この浮き上がりにくさが関西で評価されているようで、現在は関西方面にダートマックスファンが多いのだとか。

潮の流れが早いポイントが多いらしく、浮き上がりやすいエギではすぐにポイントを外れてしまうそうです。

フォールに安定感がある

ダートマックスはダートに特化していると言いましたが、実はフォールの安定感もかなりのものなんです。

特にテンションフォールの安定感が強く、多少の波風でもしっかりと安定してフォールしてくれます。

どうやらアイが上についていることがフォールの安定感につながっているようです。

唯一気に入らない点

ダートマックスで唯一気に入らない所がカンナ。

サーフのようなエギがゴリゴリ擦れるような場所で使うと、すぐにカンナがボロボロに。

カンナの先端が曲がったり、時には根本から折れてしまうことも。

アオリーQシリーズのように曲がっても簡単に元に戻せるタイプのカンナだったら100点満点だと個人的には思っています。

多少折れたり曲がったりしていても、アオリイカであれば問題なく掛かるんですが・・・。

気持ち的にちょっと気になってしまうんですよね。

ちょっと錆びやすいのもズボラなぼくとしては気になるところです。

久しぶりに使ってみた

釣具店に行った際にダートマックスを久しぶりに目にしました。

懐かしく思う気持ちとい、今でも形が変わらずにあることが嬉しくてついつい購入。

さっそく実際に使用してみました。

静岡県中部ならではのエギングのナイトサーフエギングです。

 

ダートマックスの使用感を確かめながらしゃくっていると、ティップが重くなるような微かなアタリ。

上がってきたのは11月にしては良型の1.1キロのアオリイカ!

サイズが良かったことも嬉しかったですが、10年ぶりに使ったダートマックスで釣れたことが何より嬉しいアオリイカでした。

やっぱりいいエギだ!

発売から10年以上経っているダートマックスですが、その性能は全く見劣りしないばかりか、とっても高い完成度を感じます。

エギングはシャクって落とすだけの比較的単純な釣りですが、単純だからこそエギそのものの性能が釣果に大きく関わる釣りです。

もしまだダートマックスを使ったことがないという方は、ぜひ使ってみてください。

現代のエギの中では高額な方ですが、それに見合うだけの性能を持ったエギですよ!


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください