お気に入りルアーブレイズアイの「エヴォルーツハイマニューバ」について正直にインプレッション

エヴォルーツハイマニューバ

ヒデ林さんが立ち上げたルアーブランド「ブレイズアイ」から発売されているミノーがエヴォルーツ。

そのエヴォルーツのハイフロートモデルがエヴォルーツハイマニューバです。

2021年の秋くらいからなぜか中古で叩き売りされていたハイマニューバですが、正直その状態にめちゃくちゃ驚きました。

いいルアーなのにもったいない!!!

かっこよくて好き

そもそもエヴォルーツって見た目がめちゃくちゃカッコ良くて好きなんです。

小顔なヘッドとファットなボディがいい感じに調和したボディ形状。

まるで流れる水のように滑らかなカーブが本当にいい!

ということで、今回はエヴォルーツのハイマニューバについて詳しくご紹介いたします。

エヴォルーツハイマニューバってどんなルアー?

ハイフロートモデル

エヴォルーツハイマニューバはオリジナルのエヴォルーツから軽量化されたハイフローティングモデルです。

オリジナルより2グラム軽量化されたことにより浮力が高まり、オリジナルよりも一枚上のレンジを通すことができます。

表記のレンジは60〜80センチとなっています。

またパッケージには、ウェイトボールが小径化したことによって、ボディ内での遊びが増えてイレギュラーアクションが発生しやすくなったそうです。

ぼくはイレギュラーアクションについては実感していませんが、軽量化されたことによる高浮力にとても大きなメリットを感じています。

 

2フック

最近のミノーは12センチクラスであれば3フックが標準となってきていますが、エヴォルーツは2フック仕様。

#2番フックが標準装備されています。

大きなフックを搭載できることで、より大きなターゲットを相手にすることが可能です。

実際、ヒデ林さんはエヴォルーツで数々のアカメをキャッチされています。

より大きな魚に照準を合わせたミノーであることが伺えますね。

エボルーツハイマニューバの特徴

スローでハイピッチロール

エヴォルーツハイマニューバはスローに巻くと、ハイピッチなローリングアクションを発生します。

ファットなボディをパタパタとローリングさせるスロー巻きはかなりの食わせ力がありそうです。

ミディアムでウォブンロール

ミディアムスピードでリーリングすると、ローリングに加えてウォブリングも入ってバタバタとした動きになります。

ピッチは細かめで、弱った魚を演出しているというよりも、キビキビと泳ぐイワシといった感じ。

アピール力はかなり高そうな印象を受けます。

早巻きでも破綻しにくい

エヴォルーツのオリジナルにも共通する部分が、早巻きでも破綻しにくいという点。

かなりの早巻きをしてもしっかりと巻きスピードに追従してアクションしてくれます。

より早巻きに対応しているのはオリジナルですが、ハイマニューバもかなりの対応力です。

横風に強い

こちらもオリジナルと共通ですが、横風に強いという点があります。

横風にラインを煽られても、ルアーがしっかりと水をグリップして流されにくいです。

風に影響されやすいサーフや磯ではかなり使いやすい性能ですね。

ちょっと気になる点

飛距離が出にくい

ハイマニューバは軽量化されたためか、少し飛距離が出にくいのが気になるところ。

飛行中に回転しやすく、失速しがちです。

原因にはぼくのキャストの癖もあると思いますが、より遠投するにはコツが必要かもしれません。

エヴォルーツハイマニューバの使い方

スロー巻きで見せる

ハイマニューバのスローでもハイピッチなローリングアクションが出る性能はかなりのメリット。

スロー巻きでしっかりと魚にルアーを見せる使い方がおすすめです。

特にサーフのヒラメはじっくりと見せることが大切なため、ハイマニューバのスロー性能は強力な武器になるはずです。

浮上パターン

ハイマニューバの高い浮力を活かした浮上パターンもおすすめ。

リーリングしてきてボトムにルアーがコンタクトしたら巻きを止めて浮かす。

ある程度浮かせたら再び巻き始める、といった浮上パターンがかなりやりやすいルアーです。

この性能を使えば根が点在するような場所でも根がかりを恐れずにルアーを通すことができますね!

かなり優秀で使いやすいミノーだ

エヴォルーツハイマニューバは特徴がかなりしっかりしたルアーです。

その特徴をしっかりと理解して適材適所で使ってあげれば、きっと強力な武器になること間違いなし!

もちろんハイマニューバはぼくの一軍ルアーに決定しています。


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください