【ハードロック】ロックフィッシュに超おすすめの爆釣ワームはこれだ!

ハードロックフィッシュが熱い

近年、人気急上昇中の釣りのひとつが、ハタやカサゴをテキサスリグなどで狙うハードロックフィッシュ。

足場の悪い磯からルアーをキャストし、掛かった魚を根から強引に引き剥がす瞬間は病みつきになります。

おすすめのワームがある

そんなハードロックフィッシュにおいてかなり実績のあるワームがあるんです。

他のワームでは替えが効かない唯一無二のワーム。

今回はそんなすごいワームをご紹介します!

KJカーリーがすごい

そのすごいワームとはダイワのKJカーリー。

なんとも独特な形状で、パッと見はなんとも言えない形状をしていますよね笑

まずはそのワームの凄さを皆さんにご紹介いたします!

KJカーリーがすごい理由

KJカーリーの凄さは伝わったと思いますが、なぜそんなにKJカーリーがすごいのか。

ぼくが思うKJカーリーが釣れる理由を皆さんにご紹介します!

ボリューム感

一般的なハードロック用のワームはクロー系でもフィッシュ系でも細身のものがほとんど。

でもKJカーリーは横幅が広くボリュームがあるため、非常にアピール度が高いワームです。

広い海でワームを見つけてもらうためには、アピールの高さは重要ですよね。

フォールが遅い

ボディのサイドに設けられた大量のリブが水の抵抗をガッチリ受けるため、フォールがかなりゆっくりなんです。

ゆっくりフォールすることでアピールの時間が長くなるのと同時に、早い動きに反応しきらない活性の低い魚も食わせることが可能。

KJカーリーの沈みの遅さを活かすには、テキサスリグやフリーリグといったシンカーとワームが離れるタイプのリグがおすすめですよ!

おすすめリグ

上の項目でも少し触れましたが、おすすめのリグはテキサスリグやフリーリグといった、シンカーとワームが離れるタイプのリグ。

フォール中にシンカーとワームが離れ、シンカーが先に着底してワームが後からゆっくりじわっとフォールする。

このじわっとフォールするタイミングにバイトしてくる可能性が高いです。

もちろん直リグなどでも十分に釣れますが、KJカーリーの性能を発揮させるためにはテキサスリグかフリーリグがイチオシ!

必ず持ってく信頼ワーム

KJカーリーはハードロックフィッシュ釣行の際には欠かせない一軍ワームです。

皆さんもぜひKJカーリーを使って、海底に潜む大型のロックフィッシュを仕留めてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください