【メバリング】メバル釣りのキャロライナリグの仕組みや釣り方を徹底解説

こんにちは!六畳一間の狼のSUUです!

今回はメバル釣りにおいて強力な武器になるキャロライナリグに付いてご紹介させていただきます。

メバル釣り

メバルは水温が下がってきた時期に岸近くに接岸するため、岸から狙うことができるのは秋から春の時期だけです。

根魚の部類に入るメバルですが、実はかなり回遊性が高く夜は活発にエサを追って泳ぎ回る習性があります。

日中は根魚らしく岩の隙間に隠れたり根に寄り添ってじっとしながら身を隠しています。

そのためメバル釣りは活発にエサを追いかける夜がメインです。

メバル釣りの時期や釣り方の詳しい紹介はこちらをご覧ください。

メバル釣りの時期やルアー・ワーム・仕掛けを徹底解説

キャロライナリグ

今回の記事のメインテーマでありますキャロライナリグ。

まずはキャロライナリグにどういったメリットがあるのか見ていきましょう。

キャロライナリグのメリット

  • 遠投することができる。
  • 重い仕掛けでも浅い水深をふわふわ誘うことができる。
  • キャロウェイトを交換することで様々な水深や距離を攻略可能。

キャロライナリグの最大のメリットはジグヘッド単体では届かないような距離を大遠投で探ることができ、大遠投した先で浅い水深をふわふわゆっくり誘うことができること。

ただ飛ばすだけなら投げ釣りのように重たいオモリでぶん投げればいいのですが、それでは気難しいメバルを攻略することはできません。

遠投した先でふわふわゆっくりが最大の魅力です。

キャロライナリグの全貌

ではキャロライナリグとはいったいどんな仕掛けなのでしょうか。

キャロライナリグを構成するパーツはこちら。

  • メインライン+リーダー
  • キャロウェイト
  • スイベル
  • 先糸
  • ジグヘッド+ワーム

キャロライナリグとはキャロウェイトと呼ばれるオモリを使い、軽量なジグヘッドを沖まで遠投する仕掛けです。

キャロウェイトは浮力があるので普通のオモリのようにストンと沈まず、ゆっくりと沈んでいきます。

そのため、遠投した先で軽量なジグヘッドをふわふわと漂わせるようにして誘うことが可能なのです。

キャロウェイト

キャロライナリグにおいてもっとも大切なパーツで、キャロウェイトによって飛距離や探る水深を変えることが可能です。

そのため、キャロウェイトはいくつかの種類を揃えておくことをおすすめします。

キャロウェイトの中でもっとも使いやすく一般的なのがティクトのMキャロ。

ウェイトのラインナップが豊富で様々な釣り場や状況に対応させることが可能。

ぼくもMキャロを愛用しています。

始めは6gくらいのウェイトから始めて、釣りの感覚が掴めてきたら軽いものやもっと重たいものを揃えていくといいでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ティクト Mキャロver2
価格:598円(税込、送料別) (2018/11/27時点)

 

楽天で購入

 

スイベル

キャロウェイトは中通しと呼ばれるタイプが多く、糸を結ぶのではなく中心のパイプに通してセットします。

中通しのため感度がとてもよく、沖の小さなアタリでも手元にしっかりと伝えてくれるのが特徴です。

そのキャロウェイトを固定するために、スイベルをリーダーの先に結びます。

スイベルはキャロウェイトのストッパーの役割りなので、邪魔にならないようにできる限り小さなものを選びましょう。

ティクトから専用のスイベルが出ているので、そちらを選んでいただければ問題ありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

林釣漁具製作所 ティクト Mキャロ用スイベル 10号【ゆうパケット】
価格:308円(税込、送料別) (2018/11/27時点)

 

楽天で購入

 

先糸

ティップリーダーやティペットなどと呼ばれることがある部分で、エサ釣り用語でいうところのハリスといったところ。

スイベルとジグヘッドを繋ぐ糸で、一般的にはフロロカーボンの1号前後を使うことが多いです。

しかし、小型が多いポイントや食い渋りの状況であれば0.6号に落としたり、逆に超大物狙いで1.5号~2.0号の太い糸を結ぶこともあります。

状況によって臨機応変に変えることができるのが先糸のいい所です。

先糸の長さは50㎝前後が扱いやすくおすすめですが、大型のアジも釣れるような場所では1mくらいの長さにするとどちらも狙うことができます。

すこし投げづらいので、初めのうちは後ろでしっかりと仕掛けを静止させてから前に振りかぶるのがおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クレハ(KUREHA) シーガー エース 60m 単品 1.0号 クリア【あす楽対応】
価格:1080円(税込、送料別) (2018/11/27時点)

 

楽天で購入

 

ジグヘッド

キャロライナリグで使われるジグヘッドの重さは、キャロのふわふわした誘いを活かすために軽量な0.4~0.6gがメインで使われます。

反対に重いジグヘッドを使うとキャロウェイトとオモリが二つになってしまい、とても投げにくいうえトラブルの原因です。

また、貼り部分は強度高い太軸のものを選ぶのが無難。

沖のポイントは思いもよらない大物がヒットすることもあるので、安心してやり取りができるように強度の高い針を選びましょう。

ぼくのおすすめはジェスパのアジメバガチヘッド。

ハリの形が絶妙で掛かりがよく、太軸で強度が高いので安心して使えますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤリエ 637 アジメバ勝ヘッド 0.4g 6号フック【RCP】
価格:291円(税込、送料別) (2018/11/27時点)

 

楽天で購入

 

キャロライナリグの釣り方

キャロライナリグの基本的な操作はジグヘッドと同じように

  • ただ巻き
  • ストップ&ゴー

のたった二つだけ。

基本的にはジグヘッド単体を操っているような感覚で操作していただければOKです。

ただ巻き

2秒でハンドル一回転やそれ以下のスピードでただただ巻くだけ。

軽量なジグヘッドのため、ただ巻きだけでもフラフラとした自然な動きが出ます。

巻くスピードはワームが一定の層をキープできるスピードと言われていますが、実はこれ、とても難しいこと。

夜釣りの場合、巻いてきたワームを目視するのは難しいですし、キャロの重さやタイプによって巻くスピードは変わるためです。

でも、一定の層をキープしないと釣れないわけではありませんし、本当の意味で一定の層をキープできる釣り人なんて極一部の超ベテランの方々だけです。

一定の層をキープすることよりも一定のスピードで巻き続けることを意識して釣りをすることをおすすめします。

まずは基準の2秒でハンドル1回転を体に覚えさせることから始めましょう!

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーというとなんだか難しそうな印象を持つ方もいるかもしれませんが、やることはいたって簡単。

巻いて止めるを交互に繰り返すだけです!

まずは基準の2秒でハンドル1回転のスピードで5回くらいハンドルを回します。

次にハンドルを巻く手を止め、そのまま3~5秒待ちます。

再びハンドルを巻きはじめる。 → 止める。を足元まで繰り返すのがストップ&ゴーです。

ただ巻きと比べてワームの動きに変化が出るので、警戒心が高くなったメバルやただ巻きを追いきれない活性の低いメバルに効果があります。

メバルが食ってくるのは巻いているタイミングだけでなく止めているときも食いついてくるので、ストップ中も油断しないようにしましょう。

レンジ(ルアーを引く水深)

キャロライナリグの動かし方の基本はご理解いただけたと思いますが、メバルとの出会いを増やすために大切な要素がもう一つあります。

それはレンジです。

メバルは夜、活発にエサを追い求めて泳ぎ回ると言いましたが、ヤタラめったら泳ぎ回っているわけではありません。

エサを取るためにもっとも効率的な行動をとるはずです。

余談ですが、一説によると魚はカロリー計算ができるとかできないとか。

そのエサを捕るために消費するカロリーに対して捕食して得られるカロリーが少ないと捕食しないのだとか。

本当かどうかはわかりませんが、それほどに捕食者はできる限り効率よく捕食を行おうとするようです。

ぼく達釣り人がメバルを釣ろうと思ったら、メバルにとって効率のいい場所にルアーを通すことが出来たらそれが理想です。

そこで、カウントダウンというテクニックを使ってメバルが潜んでエサを捕食している水深を探ります。

カウントダウンとはどれくらい沈めているのかを数を数えながら把握する方法。

例えば

着水と同時に巻き始める。反応なし。

5カウントで巻き始める。反応なし。

10カウントで巻き始める。メバルヒット!

と、このようにカウントダウンをすることでメバルが捕食を行っている水深を把握することができます。

反応があった水深を見つけたらこっちのもの!

その水深を集中砲火してメバルの連続ヒットを狙いましょう!

数を数えるスピードは必ずしも1秒でなくてもかまいません。ご自分が数えやすいスピードで数えていただければOK。

ただし、仲間とカウントを共有する場合は数えるスピードも教えてあげてくださいね(笑)

 

メバル釣りにおいてキャロライナリグはとても強力な武器になります。

小型の数釣りから一生に一度しか出会えないような超大物まで狙えるキャロライナリグ。

皆さんもぜひキャロライナリグをぜひ自分のものにしてください!

1 個のコメント

  • 昔、スプーンの先にフライ針をつけて釣ってたことを思い出しましたよ。スプーンがゆらゆらして毛針に微妙な揺れを起こしてよく釣れましたよ〜。これもそんな感じで行くんじゃないのかな?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください