ジャッカルのビッグバッカーワグシャッドでヒラメ!その使用感を正直インプレ

ビックバッカーワグシャッド

ジャッカルから2021年に新しく発売になったビックバッカーワグシャッド。

メーカーのホームページには釣り場、魚種不問と書いてありますが、真っ先に思いついたのはサーフのヒラメ。

間違いなくヒラメにいい性能を持っているはずです。

そこで今回はワグシャッドをサーフで実際に使用してきました!

ハヤマ氏がヒラメをキャッチ!

ワグシャッドを始めて使用した日。

なんとハヤマ氏がやってくれました!

ワグシャッドのZシステム仕様でナイスなヒラメ。

釣れるルアーだとは思っていましたが、こんなに結果が早く出るとは驚きです。

ぼくはヒラメを釣ることはできませんでしたが、1日を通して使い込んだことで見えてきたものがいくつかあります。

ここからはワグシャッドについて詳しくご紹介していきます。

どんなルアー?

スイムベイト的なジグヘッドワーム

ワグシャッドはジグヘッドとワームが専用設計になったスイムベイト的なルアーです。

前からあったソフトバイブと同じタイプで、ジグヘッドの上からワームを差し込んで使用します。

この構造のおかげでトリプルフックをロングスイベルなどを使わずにスマートに装着できるのがいいところ。

トリプルフックはワームに刺しても刺さなくてもOKです。

ふたつのアイ

ワグシャッドはアイがふたつ付いているため、使用する釣り場や状況に合わせてアイを使い分けることができます。

遠浅サーフなら前側のアイで浮き上がり重視、急深サーフや堤防からは後ろ側のアイでレンジキープすることが可能です。

また、遠浅サーフであっても風や流れが強い場合は、後ろのアイで浮き上がりを抑えて使うのも良さそう!

ひとつのヘッドでふた通りの使い方ができるのはかなりの強みですね。

低重心ヘッド

ヘッドの下側にウェイトが集中している低重心タイプのヘッドです。

低重心のいいところはなんと言っても安定性の高さ。

早く巻いても横を向きにくく、いい姿勢をキープしてくれます。

90ミリサイズ

ワグシャッドはウェイトライナップが15、22、28グラムの3種類ありますが、どれも同じ90ミリサイズです。

90ミリはサーフのヒラメ的にはど真ん中なサイズで、大き過ぎずちいさ過ぎず使いやすいサイズ感。

ワグシャッドの使用感

よく飛ぶ

ワームは空気抵抗が大きいため、あまり飛距離が出ないのは皆さんもご存知の通り。

でもワグシャッドはジグヘッドワームの中ではかなり飛距離が出る方です。

低重心なヘッドの安定感と小さめなシャッドテールの効果なのか、かなりのぶっ飛び性能を持っています。

安定したスイム姿勢

低重心なヘッドの効果か、とても安定したスイム姿勢をしています。

ある程度の早巻きで巻いても横を向いたり暴れてしまうことはなく、しっかりと水を噛んで真っ直ぐ泳いでくれます。

早巻きでも動きが破綻しにくいため、スピードを出したリアクション的な誘いも可能です。

微振動系シャッドテール

シャッドテールの動きは比較的小さめで、ピリピリとしたハイピッチ微振動系アクションです。

ボディは肉眼ではあまり動いているようには見えませんが、ホームページの動画を見るとボディ全体がピリピリとロールしているのがわかります。

シャッドテールの微振動とボディの細かなロールアクションは、スレた魚にもめちゃくちゃ効果を発揮しそう。

堤防からのシーバスなんかでも使ってみたいところです。

 

スローでも動く

微振動なシャッドテールはスローでもちゃんとアクションしてくれます。

特にサーフのヒラメはスローに反応がいいことが多々あるので、スローでもちゃんとアクションしてくれるのは嬉しいところです。

遠浅サーフから堤防まで対応

ワグシャッドは遠浅サーフから堤防まで使うことができる対応力の高いルアーです。

アイを使い分けることで、その日の状況にアジャストさせたり、より効率よく探ることができます。

基本的には水深が浅いところは前側のアイ、水深が深い場所では後ろ側のアイといった使い分けでOK。

でもあえて浅い場所で後ろのアイを使い、早巻きで攻略するなんていうのもアリ。

アイとウェイトの選択によって様々な状況に対応できたり、様々な誘い方ができるはずです。

他にどんな魚に使える?

シーバス

ワグシャッドは湾奥や沖堤防のシーバスゲームにもマッチした性能を持っているはずです。

ミノーでは届かないようなボトムや深場、プラグにスレた魚も射程に入りますね!

タチウオ

サーフや堤防からのタチウオ狙いにもバッチリなワグシャッド。

トリプルフックがふたつ付いているため、噛みつき系バイトのタチウオでもしっかりとフッキングに持ち込めます。

タチウオの場合はグローカラーが良さそうです。

青物

早巻きでも安定して泳いでくれるワグシャッドは青物にも対応!

青物は時としてちょっとしたアクションやスピードの違いで食わなくなることがあります。

メタルジグでは食ってこないような状況もワグシャッドなら攻略できるはずです。

 

動画はこちら!

ぼくらがワグシャッドを使っている動画はこちら!

実際に使っている様子もそうですが、その時の使用感のも語っています。

誰でも使いやすい性能のルアーだ

ビッグバッカーワグシャッドはシャッドテールの基本をしっかりと押さえつつ、様々な状況に対応することができる懐の広いルアーだと感じています。

ルアーの安定性も高いため、初心者の方でも安心して使用することができるはず。

ぼくもまだまだ使いこみきれていないため、もしもっとすごい性能があればぜひコメントにて教えていただければ幸いです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください